フリーキャッシングの詳細

フリーキャッシングの詳細

キャッシングには色々な名前のものがあります。
キャッシングを大まかに分けると目的別のキャッシングとフリーキャッシングに分けられます。目的別のキャッシングは文字通りの何らかの目的に対してのキャッシングで金利が低いことが特徴です。
自動車のローンや教育ローン、トラベルローンなどがこれにあたります。借り入れの際はその目的に使用する事が証明できるものが必要となってきます。一方、フリーキャッシングはどんな目的に使おうが自由、生活費の足しにしようが、娯楽に使おうが旅行に使おうがまったく自由で申告する必要もありません。
その分、目的別キャッシングと比べると金利が高めなのが一般的です。フリーキャッシングは担保も保証人も不要です。そのうえ、20歳以上で安定した収入があればパート、アルバイト、学生でも借り入れが可能な場合が多いです。
限度額や借り入れ金利は人によって借入額によって変わってきますので借り入れをしようと思う金融会社にて確認が必要です。
もちろん、フリーキャッシングを利用するのであれば、むやみやたらと利用するのではなく計画的な借り入れと利用を心がけましょう。
出産費用を借りたいと思った時、すぐに頭に浮かぶのがカードローンです。主婦の幸せと言えば、子宝ですが、出産費用はかなりかかります。
出産には保険が適用されないので、定期検診や分娩費用、入院費用や入院費用の食事代など総額で100万近くかかる場合もあります。国や自治体からある程度は援助されるので、自費負担は軽減されますが、それでも、出産費用は大きく、出産費用を借りたいという主婦は少なくありません。
最近では、主婦でも借りれるキャッシングが増えてきていて、出産費用をキャッシングから借りる人が増えています。